キングダムが電子書籍で読めるサイト、感想あり

『キングダム』は原泰久先生によって週刊ヤングジャンプで2006年から連載されている作品になります。

日本でも古代中国の歴史を扱った作品は数多くあります。

有名なのはやはり三国志や三国志演技を漫画化したものですよね。

また、封神演義や水滸伝なども中国の古典が元になっています。

それに比べて知名度が少し低いのが春秋戦国時代から秦の始皇帝の時代です。

秦の始皇帝は日本の歴史の授業でも必ず出て来るビッグネーム。

もっとアニメ化やマンガ化されていてもいいですよね。

今日紹介する「キングダム」はそんな秦の始皇帝の時代を丁寧に描いている作品になります。

マンガやアニメ、ゲームにもなっている人気作です。

まず、「キングダム」の主人公は信(しん)です。

彼は大将軍になるという夢を持って、中国の田舎で生活をしています。

信が後に始皇帝になる政(せい)と出会う所から話は急展開していきます。

政を助け、自分の夢を叶えるため信は一つ一つ困難を乗り越えて強くなっていきます。

まさに少年漫画の王道的展開で、信は仲間を集め、強くなり、自分の夢へと近づいていくのです。

この過程が面白い!

古代中国に興味がない人でも、迫力のある戦闘や軍略などワクワクする展開が非常に多く見られます。

少年漫画の王道に、きちんと史実を絡めて魅力的にしているのが原先生のすごい所です。

戦闘で魅せてくれるのが信だとしたら、宮廷の政治を場に戦っているのが政になります。

若くして王になった政が、魑魅魍魎が渦巻く宮廷で戦う姿は、また違う面白さが。

戦闘と政治。国を成立させる上で逃げられない2つの場所を飽きさせることなく読ませてくれます。

それに加えて、登場するキャラクターが全て個性的です。

古代中国という私たちに馴染みの薄い地名や人名などが多く登場します。

しかし、原先生がキャラクターを非常に特徴的に描いてくれているので、一度見たら忘れません
大半が戦闘シーンですので、命をかけて戦うような場面も。

その場面での将軍たちの格好良さが筆舌に尽くしがたいレベルです。

特に印象的なのは「王騎」!

秦国の六大将軍の一人なんですが、姿から口調まで特徴的すぎて忘れられません。

主人公である信の成長にも大きく影響してくる人物の一人です。

いつの間にか時間を忘れてページを進めていること間違い無しの作品です。

既刊は48巻まで発売されています。

まだまだ中国統一までは掛かりそうですので、しばらくの間は「キングダム」の世界に浸ることができそうですね。

無料で試し読みができるところもありますので、一度試してみてください。

【eBookJapan】で「キングダム」を検索!

コメントを残す